事故車両

事故車両

先週お客さんのトラックが事故をしました。大型トラックで自転車を巻き込みました。その結果自転車に乗っていた女性は死亡してしまい、運転手は緊急逮捕になりました。

その話を聞いたのは先週の始めで、新聞にも掲載されました。その会社から電話で実況見分に協力してほしいという依頼がありました。

事故車両をうちの会社に持ってきて、下回りを検査するようです。事故がどのように起こって被害者の女性はどのように巻き込まれたのかを検証するのに、うちの会社でリフトアップして見分を取るようです。

お客さんなので、断ることも出来ず引き受けたのですが、気持ち的には複雑です。死亡事故を起こした車両が入庫してきたときは、レッカーで移動されてきました。実況見分が終わらないと自走してはいけないという決まりがあるようです。

入庫してきたときは、どこの会社のトラックなのかわからないようにナンバープレートと会社の名前に張り紙がされていました。その後リフトアップして車両に着いた傷と自転車の破損部分を照らし合わせ、どこから巻き込まれたかを検証、写真撮影も行いました。

自転車の破損状況は、ハンドル部分は曲り、サドルから後輪にかけてはタイヤに踏みつぶされたようでぺちゃんこでした。これでは一たまりもありません。

被害者の女性はほぼ即死で、そのまま救急車で搬送されましたが駄目だったようです。原因は自転車の女性が自転車で通行中に携帯電話の操作をしていて、トラックの発見が遅れたようです。目撃証言もあり、運転手の過失が少ない事故として処理されています。

自転車でもスマホの操作をしていれば重大な事故につながると改めて思い、このような事故を起こしてはいけないとつくづく感じました。

実況見分のあと、お浄めに塩をまいておきました。

パーティーパーティー

希少糖が使えれば…

「甘いのに太らない?!」という文字を発見!

何かと思えば、次世代新甘味料「希少糖」販売のニュースでした。

希少糖と書いてレアシュガーと読むそうです。

糖尿病になりにくいことと大脳の壊死を防げるという素晴らしい糖なんですって。

しかも、細胞活性酸素発生を抑制するので、抗高血圧・抗ガンの効果があるのと同時にアンチエイジング効果も期待出来るとか。

甘いものは好きだけど、太りたくはない。

太りたくはないけど、甘いものは食べたい。

こうした女性の矛盾の葛藤を防げる素晴らしい糖ですね!

その上、アンチエイジング効果が期待出来るなんて、積極的に使ってみたいものです。

カロリー0で砂糖を一切使用していないことから、糖尿病食に利用されているラカントSをご存知ですか?

私はこれを使ったことがあるのですが、少量なのに高いのです。

砂糖は基本的に毎日使う調味料なので、代用出来るものなら代用したいのですが。

体にいいのは分かっているのですが、毎日使うには割高過ぎます。

だから、こちらも高いですがてんさい糖を利用しています。

今回発表された希少糖は、香川県で2011年から法人向けに限定販売されていて、香川県内では認知度が高いのだそうです。

法人向けなので、商品化されて県民に知れ渡っているようです。

今回の発表は、希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」の全国一般販売を6月1日から開始するというものです。

とっても嬉しいニュースですが、お値段はいかほどなのでしょうか?

ラカントSと同じような高価なものであれば、どんなに体に良くても毎日使うのはさすがに無理というものです。

いずれは自分の体に返ってくるものだとは言え、家庭の経済事情は未来の事より目先の現実なので。